太陽光発電が広まらない要因

白髪染め4つ > 太陽光 > 太陽光発電が広まらない要因

太陽光発電が広まらない要因

電気を買い取って貰うことで収入にもなる太陽光発電ですが、今ではソーラーパネルを家につけているのは珍しくなくなり、頻繁に見られるようになってきました。私達が、日々使っている電気を太陽の熱で作ることができ、なおかつ安全で最も環境に優しい発電方法だと言われています。本当に5年前の福島の原発事故が起こらなければ誰もが信じていたと思われる安全でクリーンなエネルギーだったはずの原子力発電でしたが、いざ、事故を起こしてしまったとなるとウランによる被爆の心配や放射線による汚染等が問題として出てきてしまい、発電どころか原子力発電所近辺は住むことすらままならなくなってしまいました。。原子力発電は安全では無くなってしまった為に稼働できず、他の発電に頼る形になり、風力発電や地熱発電ではまだまだ量が賄えていないのが現状で大半を火力発電に頼ることになりましたが、ここでもまた問題があり、今度は火力発電に必要な石炭を燃やすことによる大気汚染が課題となってしまいました。こういった問題を全て解決するのに有効だと思われているのが太陽光発電ですが、まだまだ課題はあり初期費用が高額な為に導入出来るかどうか個人の判断に委ねなければならないこと、ソーラーパネルの反射による近隣トラブル等も大きな課題となっており、解決の手立ては今だ立っていません。太陽光発電が環境に優しく安全で有ることは恐らくほとんどの人が把握していることですが、全ての家にソーラーパネルがつく日はまだまだ遠いのかも知れません。

東日本エコロジー株式会社の口コミ・評判・体験談