切迫流産を予防するには?

白髪染め4つ > 妊婦 > 切迫流産を予防するには?

切迫流産を予防するには?

 

切迫流産とは、妊娠22週未満の段階で出血や痛みを伴い流産しかかかっている状態の事を言います。

 

流産そのものではありませんが、とても危険な状態でしょう。妊婦さんが切迫流産にはいろいろな理由があります。例えば、胎児に異常が有り自然淘汰として切迫流産してしまう場合や、受精時に異常があった場合、血液や免疫、子宮等に異常や病気があった場合です。

 

これらの理由が挙げられていますが、基本的に切迫流産の原因は不明な場合が多いでしょう。切迫流産になると、お腹の張りを感じてしまったり下腹部に痛みを感じてしまう場合が多いのです。

 

激痛を感じる妊婦もいますが、中には痛みを感じずに切迫流産になってしまう場合もあります。切迫流産の症状として、腹痛も無く茶色いおりものが出る場合や少量の出血がある場合腹痛と出血が続く場合や沢山の出血が続く場合だと言われています。

 

切迫流産を予防する為には、出来るだけ安静にする事が大切でしょう。重い物を持たずに、激しい運動をせずに、出来るだけ安静にする事が大切です。

 

もちろん運動不足も妊婦にとってはいけません。適度な軽い運動はとても良い事なので、ウォーキングや軽いストレッチ、水中ウォーキング等も良いかも知れませんね。

 

不摂生を避け、暖かくし、アルコールや煙草、食事では香辛料・刺激物の摂取を控える事も切迫流産の予防に繋がります。妊婦はとても繊細なので、出来るだけ安静に、負担を掛けないように生活をして下さい。

 

それだけでも切迫流産の危険を防ぐ事が出来るかも知れません。妊娠の便秘でいきむと破水になる場合

 



関連記事

  1. 妊婦の便秘薬の使用は最小限に
  2. 切迫流産を予防するには?